映像制作活動

2010/05/04

ネット配信すること〜S.Y.M.(Start Your Motors)〜

94315925

手前より、ビデオサンプラー、ビデオミキサー、DVDレコーダ、モニター、オーディオキャプチャー、配信用PCです。キッズプレート社の機材です。mini-zカップの配信のように、スタジオ外での配信にも何回も関わらせてもらいました。

ミニッツカップでは、配信用オープニングムービーやDVDの制作も行い、オープニングテーマ曲も作曲させてもらいました。「S.Y.M.〜Start Your Motors〜」をHuman CubeのギタリストTUNAさんとできたことが嬉しいです。http://www.ustream.tv/recorded/6611550 コチラで聞けます。

ちなみに、ビデオミキサーのRoland V-4は個人所有もしています。コンサートの模様を収録するDVDを制作しておりました。DAT録音とカメラ3台によるライブスイッチング映像です。このような感じです。http://www.youtube.com/watch?v=zts-JWNipG4

これは学生時代からずっとやり続けてきましたが、大変好評を頂きました。

上記の映像は、楽語.comで楽語ゴロを考えているときの模様を配信したものです。このように、しっかり準備をして配信するのとは別に、今流行りの「ダダ漏れ配信」というのがあります。Webカメラひとつで配信してしまう。もしくは、iPhoneなどのカメラで配信してしまう。そんなことも、営業ツールとしてはつかえるのかな、と。Twitterしかり。

「とりあえず、目立ったもん勝ちだもんね。」

心を開いて、自らに火を付けて、突っ走ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/29

mini-z配信!5/1,2。そして僕の曲が着うた配信〜あと2日〜

1

やはり、映像編集は1日かかりますね。2'34''尺の動画なんて、適当につくればすぐうまるけれど、作り込めば作り込むだけ、そこに世界は広がるんです。

 

今日つくったのは、5/1・2に行われます「MINI-Z CUP 2010」配信のオープニング動画です。2月末に行われた2009年度のファイナルチャンピオンシップのために作曲した『S.Y.M.(Start Your Motors)』に合わせて、出場者のみなさんのガッツポーズや良い表情、抱き合ったり悩んだり、そんな「生」な素敵な人たちを曲に合わせて入れ込んでいきました。

ディレクションしてもらいながらの作業だったので、僕は考えながらそれをまとめていく作業でした。素材ももうそろってましたので、そんなに時間がかからないだろうとは思ってましたが、これがやっぱりかかるんですよ。

 

素材が集め終わっていないと、素材の取り込みとか変換に時間かかるし。いざ、できた!ってなっても、最終的な書き出しに時間がかかるのです。それをDVD-Videoにしようと思えば、オーサリング作業が必要になるので、もっと時間がかかります。

準備が良い状態で2分半の映像つくるのに、一日弱。素材あつめからはじめて、DVD書き出しまでやれば、余裕で1日以上の仕事になります。

 

ときどき、映像の仕事をふって下さる方がいらっしゃるのですが(それは大変ありがたい事なのですが)、予算が少ないとお断りすることもあります。映像の作業はPCにとっても高負荷なので、同時に他の事ができないに等しい状態です。そして上記の通り、かなり時間がかかる作業です。高く言ってるのではないのです。もちろん、その予算に応じた提案はできますし、致します。

特に、僕は音楽の立場なので、「音」がすごく気になるんですね。人がしゃべっている動画とかは特にレベル合わせなどに時間をかけます。BGMを入れる場合は、その他の音とのかねあいに神経を使います。

 

今日作った動画流れてます→こちら で2010年4月28日を再生して下さい。
5/1・2は、正午から配信スタートします→http://fun.mini-z.jp/ 是非ご覧下さいね!

今日作ったものは、音楽に載せていく編集なので、一番僕が得意としているところです。いやはや。とりあえず終わって良かったです!お楽しみに!

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

 

今日、嬉しいメールが。インディーズ・ミュージック配信・登録できるサイト「muzie」に登録していた僕の曲が、着うた配信されるそうです。って、何年前に申請した話だよ!っていう感じなのですが(笑)。おそらく06年に申請したと思います。

着うたサイト「Indies Cafe」より4/30からダウンロードできるようになるそうです。ただ、名前が昔のP.N.で登録されていると思います「赤羽龍登」で探してみて下さい(今日時点ではまだ出ないよー)。 ちなみにmuzieでのページはこちら

えぇと、ダウンロードして下さると、僕にもわずかながらお小遣いが入りますので、ぜひよろしくお願い致しますm(__)m

 

明日は、人と会って、準備して、企画書作って、寝る!あぁ、もう明後日なんだね。この鼻水をなんとか治さないと。頑張れ、俺の身体!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/18

DATとDVD

1 DATプレイヤー Pioneer D-50

私は仕事の一つとして、映像制作をしています。撮影、編集、音楽を書くなどして「映像作品」を作る場合もありますが、コンサートや演劇の撮影収録およびDVD化なども行っています。

特に、クラシック系の音楽会・コンサートの収録が多いのですが、カメラは3台立てて、その場でスイッチングしながら収録します。そして、音声は会館のマイクでの録音したものをDATでもらい、それを編集して合成するという流れをとっています。

クラシックの音楽会は、映像としての美しさの追求よりも、やはり「音」が命です。その音楽を邪魔しない映像を考えて撮影しています。これは、私自身がクラシック音楽をやっているからこその感覚だと思います。

*〜*〜*〜*〜*〜*

さて、「DAT」をご存じない方もいらっしゃるでしょう。「デジタルオーディオテープ」のことなのですが、これがCDよりも音質が良いんです。

ちなみに、CDとDVD(ビデオ)、どちらの方が音質が良いかご存知でしょうか。DVDはCD
とちがって、音声の方式にもいろいろありますが、基本的にはDVDの方が音質が良いのです。

CDは、サンプリング周波数が「44.1kHz」で、
DVD・DATは、サンプリング周波数が「48kHz」です。
サンプリング周波数というのは、1秒間あるデータの数です。
もちろん、数字が大きい方がデータがたくさんあり、「良い音」というわけです。

Photo DATメディア

J-POPアーティストの曲をCDできいていて、その後
DVDでビデオクリップ集が発売されて、再生すると、
「すごく音がクリアで奇麗に聞こえる!」という経験をされた方も
いるのではないでしょうか。
これは、このサンプリング周波数が関係しています。

※このあたりの話に興味があれば、ぜひこの記事をご覧ください。
 MIDIとデジタルオーディオは何が違う?

「DAT」という規格は、残念ながら現在はほとんど衰退してしまいました。
 ※Wikipedia 「DAT」

たしかに、「テープに書く」という機構自体が「古い」と感じてしまいますものね。
あえて、テープ式である必要は最近はまったくなくて、
フラッシュメモリ式のレコーダなど、小型でよいものはたくさん有ります。

でも、コンサートホールなどに行くと、ほとんどDATですよ。
もちろんMDとかもありますが、
ここはやはりDVD制作するにおいてのプロ根性で、DATで貰います。
「より、良い音でいつまでも記念に残しておいてほしい」
と願って編集をしています。

Roland R-09HR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/16

動画を書き出す

映像制作の難しいところ、というか、一番の難関は、最終的な納品形式だと思います。
インターネットTV配信用の動画なのか、YouTubeなどの動画共有サイトにアップする目的の動画なのか、はたまたDVDなのか。サイトに独自に埋め込む動画なのか。サイズを気にするのか、画質を気にするのか・・・。

映像と音声を同時に扱うし、それぞれに規格がたくさんあって、何通りもの組み合わせが考えられるから、それぞれにあったものを選択する必要があって、これはもう経験でしかないですよねぇ、おそらく。

うちのMacBookには、映像編集ソフトが、FinalCutProとPremiereProCS4。DVDオーサリングソフトが、DVD Studio ProとEncoreCS4が入ってまして。

いま編集をしている、mini-z CupのDVD映像は、Premiereで編集しているので、同じくAdobeのEncoreとの親和性が高いので、Encoreで書き出し・・・たいんですけど、今回の映像はかなりの素材の数で重いのと、おそらくHDDの空き容量が少なくて不安定なんだと思います、オーサリングが途中で失敗してしまいます。

さて、どうしましょう。

素材がHDとSDとごちゃまぜにタイムラインに乗っているので、素材を統一させて一つのファイルとして完成させてから、オーサリングしてはどうだろうか?そう考えて、Adobe Media Encoderを使って、Premiereからとりあえず、SD画質で書き出している、そんな最中です。

PCの処理速度について、もうほとんど不満がないレベルに達していますが、映像の書き出しとDVDオーサリングの時だけは、一昔前を彷彿させられます。

メインのMacは映像書き出しだけをさせている状態なので、サブのMacで事務作業。だけど、メールとかやっぱりメインのマシンに保存してるからいろいろと面倒なんですよね。いつまでたっても、コンピュータの悩みはつきないもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)