« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010/06/27

痴話げんカフェ、大盛況のうち終了

今日は、
小学校のときの同級生
中学校のときの同級生
大学のときの後輩・同級・先輩が来て下さって、
演劇とかとくに関係ない人とかも
みてもらうことができて、
そして、「千石カフェ」という場所を
みんなに知ってもらうことが出来て、嬉しかったなぁ。

忘れられない一日になりました。

USTREAMで見てくれた人もありがとう。
そして、18時の回の配信を見て、
駆けつけて下さった方もいらっしゃって、
ものすごく可能性を感じた瞬間でした。

僕は場所と役者さんのブッキングおよび、台本のアイディアをちょっといっしょにだした位で、ものすごい力でこの企画を推し進めてくれた井上達矢くん、お疲れ様でした。免出さん、頼子さん、ぴよ宮原くん、千石カフェさんはじめ、協力いただきました皆様に感謝致します!

録画はコチラからご覧になれます。

18時回
http://www.ustream.tv/recorded/7906533

20時回(冒頭数十秒は音声がありません)
http://www.ustream.tv/recorded/7908052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/20

痴話げんカフェ in sengok cafe

こんばんは!みなさん、元気!?
風邪流行ってるみたいだから気をつけて下さいね☆

熱い!まじで熱いですね。僕は今半裸です。
この時期になると、熱いので街ゆくカップルのケンカとかも
目にすることが多くなると思いますが、
飲食店、特にカフェとかで隣の席で小競り合いしていると、
ある意味迷惑ですが、聞き耳をたててしまうものだと思います。
どんなドラマがあるんだろう、みたいな(笑)。

そんな感じの日常に潜む物語を、
カフェという空間でつくりだせたら、という思いの元、
楽語.comで企画をすすめまして、
今回開催できることになりました!

文京区千石の都営三田線千石駅にほど近い場所にあります
「千石カフェ」を貸し切り、お茶を飲みながら演劇を楽しむ。題して
『痴話げんカフェ』を行います!

2010 6/26(sat)
「痴話げんカフェ」in Sengok Cafe

1) 18:00〜 20分
2) 20:00〜 20分
 ※1)、2)は同じ内容です。

一席 1,500円 (ワンドリンク付き)
※1)、2)ともに先着10席。

脚本/演出:免出知之(unit-if)
出演:宮原健一郎(芸大ミュージカルエクスプレス) ・平良頼子(+newCompany) ・免出知之


詳細はコチラ


おまちしてます☆
ちなみに、僕は千石カフェさんの、マンゴーミルクが大好きです。
あまーくておいしいの!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/07

気をつけて帰ってきてねと言ってくれる人がいる

今日は、HumanCubeさんの新アルバムのためのレコーディングに行ってきました!
以前、横坂源さんのレコーディングをした Studio 1619 に行って参りました。

7f7e27b2

写真は、昨日のスタジオノア@自由が丘でのリハ模様。
みーこさんとサシでのガチンコバトル笑
ウソです、音楽はともに奏でるもの。一緒にやれるというだけで、楽しいのです。
http://blog.livedoor.jp/mikomikocurry/archives/1385029.html

今日は、正味3時間ほどピアノ弾きたおしました。
生の一発取りは、かなり久しぶり。楽しかったなぁ。完成が楽しみです。


あしたは新潟いくぞー!
わるいけど、東京に染まるつもりはないんだいっ!ぷんぷんdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/03

「ゆとり世代」特徴について考察

僕らの世代は、兄弟が少ない。僕なんかは一人っ子だし、 一人っ子が多い。
だから、「教えてもらえる」という時間が必然的に多い。
学校もクラスに人数が少ないから、先生の一人当たりにかける時間が増えていて、
それで自然と「教わることが当然だ」って思っているんだと思うんです。
だから、会社に入ってもそれは変わらなくて、
「教わることが当然だ」って思っている、と。
それがいきすぎると
「教えてもらうことが当然」→「教わったことしかできません」とか
「教えてくれないのなら、やめます」とか「教えてくれない方が悪い」とか
になるんじゃないかなぁと。

まぁ、それは極端な例としても、「教えてもらうのを待っている」っていうのは僕らの世代は結構あてはまるかも。僕も一歩間違えると、本当そうなるもんなぁ。気をつけなきゃ。

「わからないことも多いので、いろいろと教えて下さい!」
って面接で言う人には要注意だろうな、と。
やはり、教わる人間の主体性がないと、 教える方も教えられないんだと思います。
道筋までつけてくれる教育、という点が大きく「ゆとり世代」を生み出した
理由なのではないかな、と考えています。

最近「ゆとり世代」っていう言葉を耳にすることが多くて、悔しいんだ、うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »