« 書きたいことは山ほど。 | トップページ | ちい散歩に遭遇、そして加藤茶さんとロイホで遭遇 »

2010/03/16

動画を書き出す

映像制作の難しいところ、というか、一番の難関は、最終的な納品形式だと思います。
インターネットTV配信用の動画なのか、YouTubeなどの動画共有サイトにアップする目的の動画なのか、はたまたDVDなのか。サイトに独自に埋め込む動画なのか。サイズを気にするのか、画質を気にするのか・・・。

映像と音声を同時に扱うし、それぞれに規格がたくさんあって、何通りもの組み合わせが考えられるから、それぞれにあったものを選択する必要があって、これはもう経験でしかないですよねぇ、おそらく。

うちのMacBookには、映像編集ソフトが、FinalCutProとPremiereProCS4。DVDオーサリングソフトが、DVD Studio ProとEncoreCS4が入ってまして。

いま編集をしている、mini-z CupのDVD映像は、Premiereで編集しているので、同じくAdobeのEncoreとの親和性が高いので、Encoreで書き出し・・・たいんですけど、今回の映像はかなりの素材の数で重いのと、おそらくHDDの空き容量が少なくて不安定なんだと思います、オーサリングが途中で失敗してしまいます。

さて、どうしましょう。

素材がHDとSDとごちゃまぜにタイムラインに乗っているので、素材を統一させて一つのファイルとして完成させてから、オーサリングしてはどうだろうか?そう考えて、Adobe Media Encoderを使って、Premiereからとりあえず、SD画質で書き出している、そんな最中です。

PCの処理速度について、もうほとんど不満がないレベルに達していますが、映像の書き出しとDVDオーサリングの時だけは、一昔前を彷彿させられます。

メインのMacは映像書き出しだけをさせている状態なので、サブのMacで事務作業。だけど、メールとかやっぱりメインのマシンに保存してるからいろいろと面倒なんですよね。いつまでたっても、コンピュータの悩みはつきないもんです。

|

« 書きたいことは山ほど。 | トップページ | ちい散歩に遭遇、そして加藤茶さんとロイホで遭遇 »

映像制作活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170095/33792105

この記事へのトラックバック一覧です: 動画を書き出す:

« 書きたいことは山ほど。 | トップページ | ちい散歩に遭遇、そして加藤茶さんとロイホで遭遇 »