トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010/03/31

楽語.comリニューアルのお知らせ〜断言すると賛同してくれる〜

多くの人々を納得させたり、彼らになんらかの効果を及ぼしたいのなら、物事を断言すればいい—。

極度の緊張感の中、めぐる頭からはアイディアがどんどんとあふれ出てくる。怖いくらいに。本当に、人間の限界ってないんじゃないかと思う。

アイディアはお金になるだろうか。もしなるんだとしたら、それは営業力がいいんだろうな。それは実際実行できるんですか?と。いや、できないことを提案しないし、できる手法がわかってるから提案する。

今日気づいた。ぼくはある意味アイディアをなげうってる。でも、いいんだ。すごく、特定の状況においてできる、考え抜いたアイディアだから、僕じゃないとできないんだもん。

今日の「金井麻衣子のお悩み相談室」で引用されたニーチェの言葉は、僕の心を強く押してくれます。“「楽語.com」は必ず成功します。”

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

楽語.comリニューアルします!

もちろん、楽語ゴロのパワーアップもそうなんですけれども。今度はかなり大がかりなリニューアル。「音大生」に特化したポータルサイトに生まれ変わります!

数えてみると、今年でもう6年めなんだねぇ、楽語のコンテンツつくってから。いつかはこうするつもりだったけど。今この時期にこれをやるきっかけを与えて下さった方に感謝しつつ、これをやるってことは、もう逃げられないですからねぇ〜いままでみたいに学生ノリでのんびりはやってられませんよ。

音大生へのヒアリングと、デザイナーさんとの打ち合わせ、イラストレーターへの発注、コンテンツの精査、おわりました。そして明日からは実際の入力と収集に入ります。あとは営業か。今日から先一週間が勝負。誰との勝ち負けじゃない、僕自身の勝負だ。

1 http://tatsto.com/

「ITを過信するな。」「SEOなんてくそくらえ。」って自身のサイトに書いているのに、ポータルサイトづくりなんて、滑稽だと思われるかもしれないけれど。

逆なんですよ。

ネット上には必要ない情報が多すぎる。うんざりする。それでいて、お金さえあれば有益じゃない情報でさえ、検索で上位に乗っけられる。そんなこと、そろそろみんな気づいていると思うんだけれど。

情報は情報自体に価値がない、その並べ方次第で価値をもつ。並べ方を間違えれば、「検索でひっかかるけど価値をなさない、時間を無駄遣いさせるイヤなサイト」になってしまう。だから、中途半端にやって放置してはいけない。だから、やるなら死にものぐるいだ、この件は。ウス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/30

肉屋の正直な食堂

201003292125000

これで500円。安くないか。「肉屋の正直な食堂」。ネットで調べてみたら、なんとチェーン店だった。なるほど、そういうことか。http://e-808.com/nikuya/

IHヒーターが席ごとについていて、砂時計でタイミングを見計らいながら、その場で肉を焼く。アツアツで食える。そして、ご飯がおかわり自由。なんたる幸せ。ああ。最近晩ご飯をよくお世話になっています。

今日も晩ご飯に行ったのですが、それにしても寒い!冬並の寒さ。一週間くらい前は暑いくらいだったので、油断して防寒しないで外にでるとエライ目にあう。寒い寒い!

今日は3件うちあわせと、1件の来客。恵比寿と二子玉と、Skypeと。いろんな人に会って、いろんなものが形になっていくのはうれしいよね。4月中旬までには形になるだろうことが一つ。もうすぐ、みんなにも見てもらえる。そして、喜んでもらえること。

明日もうちあわせ1件と、その後出向いての作業。がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/28

一駅手前で降りてみよう。

最近、自宅最寄り駅から一駅手前で降りて、一駅分歩くことにしています。とはいっても、大井町線の一駅なので+5分くらいの話です。

電車代は変わらないので、経費節約のためではなくて、まず少しは身体うごかそうということと、その通り道にある食堂とコンビニ(セブンイレブン)とツタヤに寄るためです(笑)。

最寄り駅には夜でも飯食べるところといえばマックしかないので、時々は行きますけど通い詰めることはできないので、隣の駅は、大学が近いこともあって、学生向けの食堂であったり、チェーン牛丼店があったりと、選択肢が多いのです。

セブンイレブンは、セブンプレミアム商品を買うために立ち寄ります。安いからねぇ。

ツタヤは、CDとか本とか、今何が流行っているのかふらーっと見て、目に入れておくためです。いつもこんつめて自宅にいると、良い意味でも悪い意味でも、考えや思考が偏ってきますからねぇ。

プラス5分でイイこと。一駅歩いてみよう。外を歩くには、これから良い季節だもんね。このところ寒いけれど。春は近いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/27

MovableType5(MT5)で携帯サイト構築

今日は、プラスニューカンパニー代表の金井麻衣子さんがヒロインの舞台「ロマンシングガーデン」を見に行きました。オリジナルミュージカルです。いや〜、楽しかったなぁ。人数も多いし、衣装も凝ってるし(なにせ"昆虫"ミュージカルですからねぇw)、音楽も生バンドだし。楽しいことがいっぺんに起きてる感じでした。

Photo

そして、特に印象に残ったのは、「コバヤシ」さんの歌です。あの味のある歌は、なかなかできないです。ぜひ、彼の歌を聴きに行くつもりで、見に行ってみて下さい。28日までです。Seiren Musical Project

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

律子役の金井さんは、いつもの金井さんとは全く別キャラなので、面白かったです笑。

さて、そんな金井さんが代表をつとめる、「プラスニューカンパニー」のサイトを、いまMovableTypeを用いて運営しているわけですが、携帯版のページもMTで動かしたくて、数日がんばってるんですが、今日やっととりあえず形になりました。

・MT4iは使わない(静的ページ生成はしたい)。
・文字コードはUTF-8のままでいいや(プラグインがMT5に対応してないっぽい)。
・全角→半角変換もしない(個人的に半角カタカナが好きじゃない笑)。
・画像縮小はやろう(データ量は抑えたいもんね)。


昨日の記事も参照のこと。というか、僕のためのメモです。

Movabletypeで携帯サイト作成 - WEB2.0的ラボ」の、「1)携帯サイト用テンプレートを追加」を参考に、「インデックステンプレートの作成」「アーカイブテンプレートの作成:ブログ記事」を行う。中身は、現在の携帯向けサイトのHTMLをベースに、MTタグを埋め込んでいく。

「2)マッピングを新規作成」を参考に、そのマッピングを行う。MT5の場合は、各テンプレートのページ下部「テンプレートの設定」に、マッピングを行う設定項目欄がある。

「3)プラグインを追加」を参考に、PreviousNextInCategory.plを追加。

画像を小さくするプラグイン「ResizeImage」を追加。

※プラグインは、[mt/plugins]にアップロード。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

......基本的にはこれで以上。MTの内部構造について、詳しくなりました。ああ、そういうふうに指定して、そういうふうにページ生成してるのかっていう。

携帯向けサイトがUTF-8じゃない方が良いことは100も承知なのですが、MT5を入れてしまったので、文字コード変換が色々試してもできなくて、結局あきらめました(笑)。もうすこし時間がたてば、MT5対応のプラグインでるかな。それまで、とりあえずよし!。

あと、半角カタカナに直すプラグインは入れてもいいかも。

もともとPC用のページの文字コードもShiftJISにしておけば、文字コードの問題は解決しますよね〜。次サイトやるときはそうしますか。もしくはおとなしくMT4を入れるかかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/26

楽語ゴロポスター、堂々完成!

Photo

わーい!届きました、「楽語ゴロ」ポスター。これが、全国の音大・音楽高校、楽器店などに貼られる日も近いわけです。

このポスターのイラストおよびデザインをしてくださったのは、【むっちり村】の谷口崇さんです。サイトで谷口さんの制作するオリジナルアニメーションを見て以来、ファンになり、今回のポスターの件を頼ませていただきました。谷口ワールド炸裂のポスターであります。大好き!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

プラスニューカンパニーWebサイト、携帯版もMovableTypeで管理したくていろいろとネット上で調べながら挑戦しています。

Movabletypeで携帯サイト作成 - WEB2.0的ラボ
MT5で携帯ページを作りたい(文字編)
MT5で携帯ページを作りたい(テンプレート編)

この辺りを参考にしながら。「WEB2.0的ラボ」さんの説明にしたがって、MT5に適用してみましたが、文字化けをしてしまいました。おそらく、全角→半角のプラグインのせいだと思われます....ので、この3つの記事をミックスさせていく必要があると思われます。

できたらちゃんと書き留めておこう。さて〜、もう今日は寝ましょう。明日のために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/25

コード進行に著作権はないんだそうな。

音源制作を頼まれました。ピアノでメドレーをつくってほしい、と。映像音楽なので、基本的には尺が決まっていて、「こういうイメージ」という原曲をつなぎ合わせた音源と、一部楽譜をもらい、とりかかることに。

「旅路(岡野宏典)」のオリジナルからはじまり、

「夏陰(スガシカオ)」
「Song for...(HY)」
「ガーネット(奥華子)」
「1000の言葉(倖田來未 )」

をピアノメドレーで、そしてまた「旅路」に戻るという約6分もの。

Song for...とガーネットは楽譜をもらえたのですが、その他2曲の楽譜がない、ということで、ネットで購入可能かしらべているうちに、こんなサイトに出会いました。

無料歌詞検索(コード譜とダイヤグラムを表示!)-J-Total Music

無料の歌詞検索ができるサイトは、「うたまっぷ」などたくさんありますが、コード表がでてくるサイトは初めて知りました。コード進行がわかってれば、ピアノ譜なくてもいいですもんね。

これが、伴奏も耳コピでっていわれると結構面倒なのです。時間があるときは良いのですが、納期がさしせまっている場合は致命的な問題です。というわけで、今回は大変重宝しました。

コード進行には著作権ないそうですねぇ。当たり前といえば当たり前かもしれませんが。高木ブー氏が言ってました、「俺は、既成のハワイアン曲のコード進行パクって、適当にメロディー乗っけて曲つくってるんだ。コード進行はパクっても大丈夫だからね」。

と、いうことは?

たとえば、市販の楽譜に書いてあるコード進行を、歌詞や楽譜をのせなければ、サイトで公開してもOK?なんだか不思議なもんですな。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

今回、音源制作をたのんでくれたのは、明日が卒業式だという(笑)、プラスニューカンパニーの2月公演メイキングもつくってくれているM氏。映像制作をいつもやっているそうで、今回の音楽の発注もとても明確でした。

やったことがある、やりなれている。それだけで相手が何が必要かわかったり、気を遣うことが出来たり。そういう人とはとてもお仕事しやいですよね。僕もそうでありたいです。彼のそういうところ、しっかり評価されいて某有力メディア企業に就職するんだそうです。

一緒になにかつくれるというだけで嬉しいし、ぼくも元気をもらうというか、音楽頼まれればそりゃやりますよ〜!、みたいなね(笑)。明日、上演するんだそうで。成功を祈ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/24

YouTubeのオーディオ入れ替え(AudioSwap)を使ってみる。

さきほど新潟から戻ってきました。お疲れ様でした〜。

今朝、新潟大学前駅から新潟大学の方へ歩いていくと、
「あれ?!もう新しい正門できてる!」

そうです、「幽霊坂」と言われていた松林があった部分から、元・正門までの部分を大きく切り開いて、新潟大学の新しい正門にしたのです。前期発表3/10のときはまだまだ工事してて、そんなにすぐにはできないだろうと思っていたのに。なんたる早さ!そしてちょうど今日、正門の除幕式が行われていました。

そして、そのまま後期合格発表。そして、朱鷺メッセでは卒業式。
大学関係者にはあわただしい一日だったことでしょうね。

上記動画は、卒業式・正門開幕式典・後期合格発表と順に再生されます。

これを撮影しているのはSANYOのXactiです(会社のね)。僕はこの間まで初代Xactiを持っていました。MP4形式の動画がむちゃくちゃキレイに撮れると当初から評判の機種で、現行機種はHD画質対応・防水対応と、「どこまでいくの?」っていう感じです。そんなに高くないのもいいですよね。

DMX-CA9 ¥24,200

物件を紹介する動画撮影もこれで行っているようで、こちらはHD画質でやっています。YouTubeにどんどんとアップしていっているようなのですが、紹介動画は環境音が入る必要がないので、意図的に「無音声」で公開しています。

せっかくだから無音だと勿体ないなぁと思ってYouTubeの「オーディオ入れ替え(AudioSwap)」機能を使ってみることにしました。不勉強だったんですけど、この機能、自分の持っている音源を後からさしかえる、とかができるわけじゃないんですね。ちょっと残念。ぼくの音楽のっけようと思ったのに(笑)。

いわゆるYouTube上でフリーな音源が事前に用意されていて、それを選択して入れ替えるということになります。曲を選択して「プレビュー」しても、正常にプレビューされないので、適当にジャンルと曲名と曲の長さからよさそうなものをカンでピックアップして、入れ替えしてみたところ、コレがなかなか面白いです。

http://www.youtube.com/user/satouestate

こちらからAudioSwapで入れ替えた動画がたくさん見れます(動画投稿日が、3/23になっているものを見てみて下さい)

意図しない不適合感があったり意図しない適合感があったり。これは動画の力なのかそれとも音楽の力なのか。

「なんか適当な音があればいいのにな〜」と思ったときに、とても効果がある機能であることはもちろんのこと、新しい映像の力を発揮させる機能なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/23

横坂源さんレコーディング・明日卒業する皆さんへ

今日は録音のお仕事でした。チェリスト横坂源さんの音源収録です。「録音できるところがないか探して下さい」というところから始まったので、人づてで、「クラシック用で、ピアノがちゃんと調律されてて、防音がしっかりしてて、録音できるような状態にある貸しスタジオ」を探しました。

現在お世話になっている方の知人から、練馬区桜台にある「CLASSIC STUDIO 1619」を紹介していただき、はじめて向かいました。最近西武線沿いに行くことが多いなぁ(笑)。

ピアノの講師をやっていることもあって、ピアノがある貸しスタジオはなんとなくわかってきたのですが、「録音できる」というレベルで使用できる場所がわからなかったので、紹介していただいて本当に助かりました。

今回使用したのは、グリーンスタジオ(20帖、カワイ5-A)。時間にもよりますが、これだけ環境が整っていて、一時間2,000円はリーズナブルです。

Photo ピアノ、チェロ、MacBook。

源さんはドイツに留学しながら、国内外での演奏活動を盛んにされています。今回はデモ作成でしたので、さほど大がかりではなく簡易録音です。ボーカルマイク2本(audio-technica PRO-100&Primo TD-118)とProTools(Mbox2)です。学生の頃、オーディション用のデモ録音などを頼まれたときは、このパターンやっていました。

この録音方法だと、市販のCDできくような音像にはなりませんが、その楽器が出す音そのものを近くで拾うので、はっきりいって「ごまかし」が効かない録音です。技巧的な部分と、その楽器が出す響きそのものをダイレクトに聞かせることができると信じています。

3時間という限られた時間の中で、ものすごい集中力の演奏が続きます。録音後きいたところ、今日弾いた曲は人前での演奏は初めてだったとのこと。「僕ひと りのための演奏会だったんですね!」。

1 源さんはいつもチェロを揺らしながらダイナミックな演奏をされます。

帰りの電車の中で、源さんと少しお話ができました。「チェロをはじめたきっかけは何だったのですか?」と聞いたところ、

「小さい頃、チェリストの方が家に遊びに来て、僕と遊んでくれたんです。その方がとてもかっこうよくてあこがれて、それでチェロをやりたい!となって....」

ほっこりする話ですね。僕もそんなふうに誰かに「あの楽器やってみたい!」と思わせられるお兄さん(もうおじさんか?!)になりたいものです。

横坂源さん公式サイト: http://yokosaka-gen.com/

*〜*〜*〜*〜*〜*

そして、新潟へ。
明日、大学後期合格発表日です。また、合格発表番号の更新を行います。
前期の時は宣言どおり10時15分に更新終了できたので、
 (c.f. http://blogs.yahoo.co.jp/kawai_tatsuto/24267870.html
明日もがんばりますよ。

合格.新潟大学.JP http://goukaku.niigatadaigaku.jp/
合格発表掲示板2010 http://www.satou-estate.com/goukaku/

そして、明日は新潟大学の卒業式の日でもあります。
本来は後期合格発表日が22日の予定だったのですが、追試の関係で1日押して、同日となりました。

去年、うちの学部の祝賀会会場だった、新潟東映ホテルに今日泊まっています。なんだか特別価格3,000円と安かったので(笑)。ここで卒業証書をもらったんです。1年経ったんだね。あのときはもう不安だらけで、さみしくて仕様がなかったです。

一年後こうしているとは思っても見なかったですが、でも自分でもびっくりはしてません。なるべくしてこうなっている気がします。

この1年ずいぶん迷ったし、いろんな選択を迫られてしてきたけれど、知らず知らず、自分が思う自分が一番やりたいと思う最善を選択できていたと、自信を持って今言うことができます。そう思えるだけでも本当に幸せなことだと思います。

いろんなところで「1年くらい腰を据えてやってみなきゃわからないよ」って言われてきました。確かに。「初めて」がたくさん重なって、それで「つらい」と逃げ出してしまっても、やっぱりまた次何かをはじめれば、それは「初めて」な訳で。

これだ!と思ってそれに突き進む覚悟ができたなら、もう逃げない。だいじょうぶ、「不安」も、「本当にこれでよいのか?」って思う気持ちも正しいから。その気持ちがあったから、今の僕がいるから、一年前の僕にありがとうって言わなきゃですね。

明日卒業して社会人になる後輩のみんな!僕は、偉そうなこと言える身分じゃないけど、

「辛いことから逃げるなとは言わない。だけど、どこへ逃げても辛さ一緒。なら、一番自分がやりたいと思える、頑張れると思えるところで辛さを感じようよ。その辛さ、半年我慢すれば、ある日を境にそれがとても楽しくなるよ!」

逃げるのも壊すのも簡単ですからね。自分の心が目指す方へ、明るく進んでいて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/22

上を向いて歩こう(理由:危ないから)

風強かったですね!今日ふとベランダを見たら、洗濯機にかけているビニールシートのカバーが開いた状態に。あれ?前、洗濯したときにかけ忘れた?そんなハズはないよなぁ。とすると、風のせいかな。ゴムのバンドで両側から縛っているのに、それをはずすくらいの強い風だったんだろうかなぁ。

今日は、劇団「8割世界」の公演を、夜見に行ってきまして、外出の際、風が強くて、危ないなぁと思いながら、普段歩きながらそんなには見上げない「上」を向いて歩きました。

というのも、道端にいろいろ落ちていて、飛んできそうなビニール袋とか紙とかは言うまでもないと思うのですが、おっこちた「ミラー」(あの、街頭にあるオレンジ色のヤツ)が片付けてあって。おそらく、道路に付けてある公のものではなくて、会社の作業場のような場所に付けてあった少し小さめのものではありますが。

こういうものが、いつ降ってくるか落ちてくるかわからないですものね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/21

【音源】走馬燈

new走馬燈〜序曲〜
new走馬燈〜桜〜

今日は、劇団「エムキチビート」の一人芝居公演「Fight Alone 2nd」を見に行きました。青組と白組。4人が、一人ずつ15分ほどの芝居をみせるのですが、パワーがものすごい。

コメディーあり、シリアスあり、自称ミュージカル(笑)あり。

場所も渋谷の「ルデコ」という貸しギャラリーの4階。その空間自体も面白かったです。本当に役者さんと観客が目と鼻の先。照明もいたってシンプルだけど、そのシンプルさと一人芝居のシンプルさがあいまって、ものすごく想像力をかきたてられる。

今回はプラスニューカンパニーで一緒にやってる、和田亮一くんの芝居「走馬燈」のために音楽を書かせてもらいました。本が、新撰組の或る人物を扱っていて、人に対する念というか、自分の生き方というか、そんなすごく深く重い話なので、こんな音色になりました。

最近は音のゆがみと、ノイズをちょっと研究中です。

明日3/21の12:30〜の回が彼の出演する白組最後です。がんばって!今回は、お互い時間がなくてあんまりガッツリ一緒にできなかったんで、来年の彼が主宰する劇団の公演に向けては、ガッチリガッツリいきまっせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/20

ちっちゃな怪獣と戯れる。

3/18は、演劇団体「プラスニューカンパニー」ワークショップ開催のため、阿佐谷南児童館にお邪魔しました。

児童館なんて、何年ぶり?いや、子供の頃に、児童館で遊んだ記憶が......ないような気がする!入ると、そこには元気いっぱいにあそぶちっちゃな怪獣が!

事前にどんな楽器が置いてあるかを聞いたところ「CASIO WK-1800」という回答が。ネットで調べてみるも、ちゃんとした情報なし!笑 まぁ、大丈夫だろうと思って当日のぞみました。

キーボードなので、リズムパターンや自動伴奏機能がついているので、それを使いながら、即興BGMもやってみました。

キーボードとかシンセサイザーって、音楽のつくりがわかってないと使いこなせない機能ってたくさんありますよね。たとえば、自動伴奏機能も、音楽がベースとそれに乗っかる和音で構成されているって知らなければ、ただの意味のない音の羅列になってしまうし。逆に、「コレ考えたのすごいことだね!」っていうことも、実際勉強してわかるようになりました。

P1080129

45分間という短いワークショップでしたが、内容は濃かったです。最近ずっとPC作業が多かったので、すごく刺激的でした。児童館にいる間、夢をみているかのようでした。

写真はワークショップ、出向いたみんな!ぼく髪ボサボサやなぁ。
詳細は、代表金井麻衣子のブログへ→http://ameblo.jp/maiko-sasayaki/entry-10485675184.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/19

インターネットテレビ配信の特徴

リアルタイムに、物理的に離れた場所の人と、「音声」をやりとりできるのが「電話」だとしたら、「映像と音声」をやりとりできるのは「テレビ電話」でしょうか。

それが、もし、特定の人同士ではなくて、不特定多数の人が見られる状況だとしたら、テレビ放送とかラジオ放送に近いものかもしれませんね。

ただ、電波に乗せるのではなくて、インターネット上でそれを行えば、「放送」ではないので(法律的に)、「インターネット配信」と言って区別しましょう。

世界中の人に見てもらえる可能性があるという「インターネット」において、文章や画像ベースのサイトだけに限らず、「生」でメッセージを伝えてしまおう!ということができるわけです。

東京に出て来てから、「Stickam!」というライブ配信サイトにおいて、番組の裏方を頻繁にやってたこともあり、ライブ配信については興味があります。番組の裏方といっても、映像や音声のオペレーションの方でしたので、番組を実際につくるというところは、プロデューサーやディレクターの指示通りやってた訳です。

しばらくすると、自分でもやりたくなるんですよね(笑)。でも、自分が出演して....というよりは、指示を出して客観的に見れる側でやってみたいなぁと思ったんです。そこで、今私が関わっている演劇団体「プラスニューカンパニー」がリンクしてきた訳です。

金井麻衣子のお悩み相談室〜人の心を動かすのは人の心だ!!〜
179756736
http://www.stickam.jp/profile/plusnewcompany

2/14に行われた日野市民会館でのミュージカル公演前に重点的に、広報活動として配信を行いました。学校公演の際にも、インターネット配信をして いることを告知して、「リアル」な対話から、「ネット上」への誘導を行うことで、離れていてもつながっていることができるわけです。

ネット配信で番組制作しようとすると、だいたい1時間が目安になると思います。1時間なんて長いよ!と最初は思うんですが、これが意外といける。な ぜかというと、チャットとの会話で場が持つからですね。生で配信をして、生の反応が返って来るというのも、ネット配信の醍醐味です。

インターネットテレビ配信に限らず、番組制作を考えようとするときには、様々なことを考える必要があります。番組進行、台本、ロケーションもしくはスタジオ、機材、出演者、BGM....云々。

こう書き出して行くと、番組の体をなすためには、多くの人が関わる必要があるということが一目瞭然な訳です。やっぱり、テレビ局とかラジオ局って凄いんだよなぁ。この間の地井さんの話じゃないけれど、ロケだけで何人いるのよ!っていう。

それを数人でやろうとすると、どこか「工夫」が必要になってきます。それは機材的な工夫なのか、コンテンツ的な工夫なのか。そこでの発想が、「面白さ」になる訳ですが。

たとえば、「番組」の体をなす必要もないかもしれないわけです。Stickam!の最新ライブメンバーを渡り歩くと、多いのは「お絵描き配信」で す。自分のデスクトップ画面を配信していて、PhotoshopやIllustratorの画面上でマウスを動かしているところを配信しているのです。

機材的な点としては、テレビで見れるくらい奇麗な画質である必要がないので、選択する機材もそれなりのもので充分奇麗に行く、というのが大きいです。投資が少なくてすむということです。最近はSkypeなどでネット電話するための環境が元々整っているモバイルPCが多いので、そこのところ敷居が低くなっているかもしれませんね。

O0352019810454746837

直近の3/16の配信では、配信用機材はシンプルでした。ノートパソコン一台と、iPodとそれをつなぐスピーカです。ノートパソコンは、Webカメラとマイク内臓のもの。iPodはBGMを流すためのものです。これだけでできてしまうのです。

*〜*〜*〜*〜*〜*

プラスニューカンパニーの番組は、最終的には「ラジオ番組」として成立させたいと思っています。僕の地元のコミュニティFM局「FMびゅー」に、番組制作提案をしているところです。

ネット配信は「誰でも出来る」という手軽さによって、テレビやラジオへの登竜門的価値と、それとはまた違った「ネット配信」らしいコンテンツ制作ができる面白さの、2点が大きく特徴的だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/18

DATとDVD

1 DATプレイヤー Pioneer D-50

私は仕事の一つとして、映像制作をしています。撮影、編集、音楽を書くなどして「映像作品」を作る場合もありますが、コンサートや演劇の撮影収録およびDVD化なども行っています。

特に、クラシック系の音楽会・コンサートの収録が多いのですが、カメラは3台立てて、その場でスイッチングしながら収録します。そして、音声は会館のマイクでの録音したものをDATでもらい、それを編集して合成するという流れをとっています。

クラシックの音楽会は、映像としての美しさの追求よりも、やはり「音」が命です。その音楽を邪魔しない映像を考えて撮影しています。これは、私自身がクラシック音楽をやっているからこその感覚だと思います。

*〜*〜*〜*〜*〜*

さて、「DAT」をご存じない方もいらっしゃるでしょう。「デジタルオーディオテープ」のことなのですが、これがCDよりも音質が良いんです。

ちなみに、CDとDVD(ビデオ)、どちらの方が音質が良いかご存知でしょうか。DVDはCD
とちがって、音声の方式にもいろいろありますが、基本的にはDVDの方が音質が良いのです。

CDは、サンプリング周波数が「44.1kHz」で、
DVD・DATは、サンプリング周波数が「48kHz」です。
サンプリング周波数というのは、1秒間あるデータの数です。
もちろん、数字が大きい方がデータがたくさんあり、「良い音」というわけです。

Photo DATメディア

J-POPアーティストの曲をCDできいていて、その後
DVDでビデオクリップ集が発売されて、再生すると、
「すごく音がクリアで奇麗に聞こえる!」という経験をされた方も
いるのではないでしょうか。
これは、このサンプリング周波数が関係しています。

※このあたりの話に興味があれば、ぜひこの記事をご覧ください。
 MIDIとデジタルオーディオは何が違う?

「DAT」という規格は、残念ながら現在はほとんど衰退してしまいました。
 ※Wikipedia 「DAT」

たしかに、「テープに書く」という機構自体が「古い」と感じてしまいますものね。
あえて、テープ式である必要は最近はまったくなくて、
フラッシュメモリ式のレコーダなど、小型でよいものはたくさん有ります。

でも、コンサートホールなどに行くと、ほとんどDATですよ。
もちろんMDとかもありますが、
ここはやはりDVD制作するにおいてのプロ根性で、DATで貰います。
「より、良い音でいつまでも記念に残しておいてほしい」
と願って編集をしています。

Roland R-09HR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/16

ちい散歩に遭遇、そして加藤茶さんとロイホで遭遇

ロイヤルホストで、パンケーキ食べ放題やってるらしいですね。

昨日は、お世話になってますキッズプレートの‘もでP’と、尾山台駅の「肉屋の正直な食堂」で昼食をご一緒させて頂いたのですが(あのお店、ワンコイン(500円)であれだけの肉とご飯食べられるのはものすごいコストパフォーマンスだよね!)、食べ終わった後、天気もよくてホワイトデーで若い人もたくさんいる感じで、尾山台ハッピーロードを散策していると、

目の前からカメラクルーが。

カメラもそんなに大きいものじゃなくて、もちろん業務用のではあるけれど、コンパクトなものを持っていたので、「ケーブルテレビ局の取材かな?」と思って、ふと目を手前にやると、

地井武男さん!

職業病なのか(?)、まず機材に目がいく僕がいて、すれ違い様に地井さんに気づくという。「ちい散歩」の収録中だったようで。地井さんとその後ろにカメラと照明さんだったかな?あと、その後ろに少し離れて、マネージャ的な人とディレクター的な人と、もう1台風景をとるカメラと、ADさんと〜という感じで全部で10人くらいでしたでしょうか。やっぱりテレビ局の取材になるとそのくらい居るんだよねぇ。


その後、明大の和泉校舎へ。
今週末19〜21日に行われる、劇団エムキチビート「Fight Alone」に出演する和田亮一くんの音楽を今書いていて、それの合わせ。

「ちい散歩」の話をしたら、「さっきまで、鶴瓶さんと井上真央ちゃんが居たんだよ。」と、彼が。なんと、明大に親しかった友達にインタビューに来ていたんだとか。なんだ〜もう少し早く行ってれば、井上真央さんに会えたのに!


とか思いつつ、HumanCubeのライブを見に、イシバシ楽器渋谷店へ!

HumanCubeさんとは、キッズプレートでのつながりで、去年末のイベント「Link09」で一緒にクリスマスソングを演奏させて頂きました。

先月末の「mini-z CUP FINAL CHAMPIONSHIP」のネット配信OP曲「S.Y.M.(Start Your Motors)」を僕が作曲して、その曲にギター演奏をのっけてくださった、HumanCubeのTUNAさんとお話がしたくて。今回は時間ギリギリになってしまって、本当はもっといろいろやりたかったところで、もっと一緒にやりたい〜と思っていたところで、

なんとピアノ&キーボードでHumanCubeのレコーディングに参加させていただくことに!やった〜!これは、かなり嬉しいっす!

そのままHCのみなさんと晩ご飯へ。そして、冒頭のロイホになるわけで。
しばらくすると、加藤茶さん一行が入店。そして、我々の
後ろというか隣というかの席にご着席。
その様子は、HCのミーコさんのブログに詳細がありますよ(笑)。
http://blog.livedoor.jp/mikomikocurry/archives/1328265.html

ご自宅が近いんですかね。「田園調布から一番近いファミレスだと思う」とベースのさのっちさんも言ってました。

 

東京にはこれだけ人がいて、そのなかで、「その人」に遭遇するって、やっぱりすごいですよね。でも、よく考えれば、こんなに人が居る中で、意図的に待ち合わせをして「その人」に会えるっていうのも、実はすごいことなんじゃないか?って考えちゃいます。

渋谷駅のハチ公口で待ち合わせして、会えるって実はすごいことなんじゃないかな。

でも、田舎に帰って、知り合いに全然会わないっていうのも、それはそれですごいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画を書き出す

映像制作の難しいところ、というか、一番の難関は、最終的な納品形式だと思います。
インターネットTV配信用の動画なのか、YouTubeなどの動画共有サイトにアップする目的の動画なのか、はたまたDVDなのか。サイトに独自に埋め込む動画なのか。サイズを気にするのか、画質を気にするのか・・・。

映像と音声を同時に扱うし、それぞれに規格がたくさんあって、何通りもの組み合わせが考えられるから、それぞれにあったものを選択する必要があって、これはもう経験でしかないですよねぇ、おそらく。

うちのMacBookには、映像編集ソフトが、FinalCutProとPremiereProCS4。DVDオーサリングソフトが、DVD Studio ProとEncoreCS4が入ってまして。

いま編集をしている、mini-z CupのDVD映像は、Premiereで編集しているので、同じくAdobeのEncoreとの親和性が高いので、Encoreで書き出し・・・たいんですけど、今回の映像はかなりの素材の数で重いのと、おそらくHDDの空き容量が少なくて不安定なんだと思います、オーサリングが途中で失敗してしまいます。

さて、どうしましょう。

素材がHDとSDとごちゃまぜにタイムラインに乗っているので、素材を統一させて一つのファイルとして完成させてから、オーサリングしてはどうだろうか?そう考えて、Adobe Media Encoderを使って、Premiereからとりあえず、SD画質で書き出している、そんな最中です。

PCの処理速度について、もうほとんど不満がないレベルに達していますが、映像の書き出しとDVDオーサリングの時だけは、一昔前を彷彿させられます。

メインのMacは映像書き出しだけをさせている状態なので、サブのMacで事務作業。だけど、メールとかやっぱりメインのマシンに保存してるからいろいろと面倒なんですよね。いつまでたっても、コンピュータの悩みはつきないもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/15

書きたいことは山ほど。

これから書きたいこと、書き留めておこうと思います。

one楽語.comのこと。
 pencil楽語.com ポスター制作中☆
  谷口崇さんによる素晴らしいイラストとデザインのポスターが
  できあがりつつあります。全国の音大・音楽高校などに配布予定です。

 

pencil楽語.com リニューアル。
 サイトをリニューアルして、コンテンツもリニューアルしますよ!
 「楽語ゴロ」について言えば、楽語.comの「ロゴ」が変わります。
 ブログのサイドバー・トップにもありますが、かわいらしい感じになります!
 これは、プラスニューカンパニー代表 金井麻衣子さんに書いていただきました。
 ゴロ音声版も、さらにパワーアップ予定。

two前に進むボートのオール」営業についてのこと。
 pencil世界のボートが変わるかもしれない!?
 もしそうなったら、すごいじゃない。だから、ちょっとバカっぽい位
 ネットで宣伝してみようぜって考えてるんです。

threeプラスニューカンパニーによる番組制作
 pencilインターネットテレビ配信「金井麻衣子のお悩み相談室」を
 収録形式にしてぜひFM局でやりたい。ぼくの地元のFM局で。
 東京からの仕事を地元にひっぱってこれるなら、田舎者冥利なわけです。

fourHumanCubeさんのレコーディング参加予定
 pencilお世話になってますキッズプレート社での縁で
 ピアノ(キーボード)でレコーディング参加させて頂くことに!
 めちゃくちゃ嬉しいです。音楽から一時はなれた僕にとって、
 音楽できる瞬間が何物にも代え難い喜びです。

five「No携帯」生活2ヶ月半
 pencil2009年12月末から3月中旬まで、携帯電話を使用していませんでした。
 もちろん意図的に、思想として持たなかったのですが、
 この2ヶ月半で気づいたこと、勉強になったこと、書きつづっていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年ぶりにココログに戻ってきました。

やっぱり、ココログがやりやすいっす。
2009年3月に人生の「学生」という期間を終えたのとともに、
以前のブログで「更新終了」宣言をして、
Yahoo!ブログを使いはじめました。
でも、2年以上「ココログ」を使っていたので、
どうも慣れなくて。やっぱり戻ってきてしまいました。

c.f. 〜2009.3までのブログ「楽語.comのブログ。
  2009.2〜2010.3までのブログ「楽語ログ。

社会人1年目、東京に出てきて。
「社会人は学生とは違う」とはもちろん想像していましたが、
やはりはるかに違って、ブログで書けないこともたくさん。
それもあいまって、ブログもほとんど更新せず。
その分mixi日記は書いてたなぁ(笑)。


「僕は“音楽”がやりたいのに、
こんな他のことばかりしていていいのかな?」と
悩むときもたくさんありましたが、
よく考えれば、今やっていることすべては自分の選択によるもの。
今やっていることすべてが、「僕そのもの」なんだなぁって。

夢見たり、こうなりたいっていう自分は確かにあって、
それと違う現実に悩んだりもするけれど、
ふと肩の力を緩めて、考えてみると、
今ぼくがやっていることすべては、
まぎれもなく僕が選択したことなんだなぁ、って。

だから、僕じゃなかったらこういう選択はしなかっただろうし、
こういう今の僕じゃなかったはず。
そう思うと、なんだかいまやっていることすべてが
いとおしく思えてきて、そこから見える未来の自分がすごく笑っていて、
いまの僕がすごく楽しくなってきます。


いま、フリーという立場で、
自らを営業するという意味も含めて、
やっていることを胸を張って言えるように
楽語.comももっと大きくなりますように。
ぼくの仕事が幸せの仕事でありますように。

これから、またこのココログで書きつづっていきたいと思います。
昔のブログとデザイン一緒にしました。
だけど、今回のは右肩にサイドバーついてます。

〈今やってること〉
・mini-z cup FINAL CHAMPIONSHIP 2009 DVDのオーサリング。
・FMびゅー向け 提案番組企画 台本制作

| | コメント (0) | トラックバック (1)

楽語.com運営代表のブログです。

こんにちは、はじめまして。いらっしゃいませ。河合達人(P.N.乙津立人)の毎日をつづっていければと思っています。音楽とコンピュータな毎日。人と人をつないでいきたい。そのためには、僕がもっと魅力的な人になれるようがんばろう。

—過去の出演・制作など(2009年3月〜2010年4月)—

続きを読む "楽語.com運営代表のブログです。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年4月 »